歯科助手に向いている人

歯科助手に向いている人は患者への思いやりがある人です。簡単なことですが、患者は普段は経験することのない歯科治療は不安でたまりません。

患者が今どのような治療をしているのか分かりません。めったに行かない歯科医院なので、患者は歯科助手の指示がなければ、口を閉じていいのか、うがいしていいのか、体制をかえていいのか分かりません。

歯科助手は

『治療は終わったのに、いつまで座っているの?』

『私は先生のサポートだけが仕事』

『この仕事は苦手だからやりたくない』

こういった自分本位な考え方をするようでは歯科助手に向かないでしょう。

スポンサード リンク

いくら歯科医師の技術が高くても、歯科助手は人へ対する思いやりが欠けていると患者は他の歯科クリニックを探します。

これから歯科助手を目指すとしたら、先ず、自分が患者になった気持ちで、歯科医院に入ってまず何を思うのか、こういったことを一つひとつ考えると、患者が安心できます。

こうした、歯科助手の適正が今後の歯科医院に必要とされることは間違いありません。

このサイトを訪問されている歯科助手を目指す方は、人への思いやりがあると私は信じています。患者が安心して治療をうけることを肌で感じられるやりがいのある仕事が歯科助手といえます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ