歯科助手は歯医者さんで先生(歯科医師)の手助けをします

歯科助手は歯医者さんで先生(歯科医師)が行う患者さんへの治療がスムーズにいくように、

治療のアシスタントを歯科助手がしていくのが仕事です。歯医者さんでは歯科助手が患者さんの口腔内に直接触れることができません。


歯医者さんで先生(歯科医師)が治療に使う器具の準備、器具の洗浄・手入れから、治療中は先生(歯科医師)に器具の受け渡しなどもします。

歯医者さんでは、患者さんの誘導や、イスをたおしたり、ライトを当てたり、

バキュームで唾液を吸い取ったりします。その一連の作業は歯科助手が行います。

歯医者さんで歯科助手が先生(歯科医師)の手助けとなっている場面がたくさんあります。

スポンサード リンク

歯科助手は歯医者さんの雰囲気をハッピーにもします。

みなさんは、歯医者さん は『虫歯を治すところ』『痛い、怖い』 のイメージをお持ちのようです。

歯科助手のちょっとした患者さんとの間のコミュニケーションで不安を取り除いて歯医者さんの雰囲気を大きく変えることができます。

患者さんにとっては、歯医者さんに来た時点で口の中も体の一部なので、どんなことをするのか少し不安に思うからでしょう。

歯医者さんに患者さんが来たとき、最初に接する人が歯科助手です。

先生(歯科医師)の治療に入る前に患者さんの不安を少しでも取り除けたら、それは十分、歯医者さんのイメージは好印象にかえられます。

歯医者さんに来た患者さんも、歯科助手のあたたかい笑顔にほっとしてスムーズに治療を受けることができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ