歯科助手の勉強は通信教育と学校通学どっち

歯科助手の勉強は通信教育と学校通学となります。それぞれの特徴を説明すると

通信講座

送られてきた教材を自分のペースで学習していくのが通信教育になります。

非常にわかりやすい内容の構成になっていますが、人によっては分からないところも当然あることでしょう。

分からないことはメールやFAXまたは郵便で質問することができます。通信教育を検討するなら、テキストだけでは分からない歯科助手の仕事内容を説明するDVDの教材もセットされているのがオススメです。

 

学校通学

専門学校は2年で歯科に関する勉強をします。

専門学校ですから学校に通わなければなりません。

費用も通信講座より高額になりますが分からないこともすぐに先生に聞くこともできます。

それに同じ志をもった仲間と勉強できる環境がととのっています。

スポンサード リンク

通信教育では自分の意思を強く持たないと途中で挫折しやすいです。もし、あなたが優柔不断で通信教育か学校通学か迷っているのであれば、高額ですが専門学校でしっかり学んで歯科助手はもちろん歯科衛生士を目指して頑張ったほうが良いかもしれません。

 

また、普段は仕事で学校通学に行って学べない方、生活が不規則な方、子育てをしていてその合間で勉強したいという方は通信講座がおすすめです。なによりも自分のペースで歯科助手の勉強ができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ