歯科助手はレントゲン撮影についても勉強する

レントゲン撮影は、実行ボタンを押すのはドクターですが、助手も流れとして知っておかないと。レントゲン撮影に必要な準備もあります。

患者を撮影室に誘導もしないとなりませんし、どこまでがレントゲン撮影の行為なのか基礎知識として知っておかなければ仕事を進めていく上では必要になります。

スポンサード リンク

通信教育でレントゲン撮影について記載されていますが実際に歯科助手が撮るわけではないので手順として学ぶ必要があるからです。

レントゲン撮影に関しては撮影室への患者の誘導までは歯科助手でもできますからデンタルを撮るのかパントモを撮るのか現像するにあたっても何を用意しておくのかは歯科助手にもできる仕事です。

最初は戸惑うかもしれませんが、徐々に慣れてくればレントゲン撮影をサポートしていけるようになります。

歯科助手の場合、レントゲンボタンを押すことはできませんが、患者さんの誘導は歯科助手でもできる仕事です。

患者さんはレントゲン撮影は普段行わない行為なので不安です。

緊張させないで上手に誘導させることを意識してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ