歯科助手の仕事内容

歯科助手の仕事内容は、歯科医師のお手伝いとして歯科医院で働きます。
簡単に言えば歯科医院の「秘書」といったところでしょうか。

歯科助手は歯科医院で治療行為以外の業務全般が仕事内容になります。

例えば、歯科医が行う歯科治療のアシスタント、歯科医の指示によって必要な器具や材料を準備したり片付けを行ったり、患者の誘導を行い、さらに歯科治療で必要になる材料の発注もして、医療事務的なこともします。

スポンサード リンク

歯科クリニックによっては、受付業務からカルテの入力、歯科用品や薬品の在庫の管理・仕入れ、歯科クリニックの掃除と洗濯などなんでもやることもあります。

歯医者さんにより、歯科助手がやる業務はちがいます。

仕事内容は割合からして受付と歯科助手の業務を区別している歯科医院の方が多いようです。

歯科助手として仕事するには「必ず資格が必要」という事がない為、即就職する事もできるとよくいわれます。

しかし、歯科医の治療のアシスタントをすることを考えれば歯科専門用語や、専門知識は覚えていきながらの業務を行うには永く続かなく、半年ぐらいで歯科助手をやめてしまう傾向があるようです。

非常にもったいないです。
せっかく歯科助手として働けたのに・・・。

大手の通信教育にある歯科助手とは
基礎知識や仕事内容を覚えて、就職で失敗を無くすための講座ということでしょしょう。

永く安定して歯科助手の仕事をしたいと思う人は通信教育で基礎知識を習得してから歯科医院に就職するほうが結果的に良いことだと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ