歯科助手になっても転職で辞めてしまう!?

歯科助手になっても転職で辞めてしまう人は意外と多いようです。歯科助手は無資格でも働けることから気軽にチャレンジでき、女性に人気の職種でもあります。人気である仕事にも関わらず、歯科医院は歯科助手の募集・求人を行っていることから、転職を理由に辞める方が多いことが想像付きます。

なぜ、歯科助手をやめてしますのか私なりに考えると、無資格でも歯科助手として働けるため簡単に職に就けます。

スポンサード リンク

歯科に関して無知なのはあたりまえですから、一つひとつ指導をうけながら仕事を覚えなくてはなりません。これがあれもこれもとなると仕事をする以前に毎日が勉強です。結局、いろいろと覚えることが苦痛となり辞める理由があるかもしれません。

それと、女性が多い職場で、先輩後輩の関係もありどうしてもなじめないこともあるようです。

資格を取得しているということで仕事に対する不安はなくても、資格が無くても何年も歯科助手をされている方からすれば、あまり好印象に思わないこともあるようです。

組織で働く場合はどうしてもこういった対人問題はつきものです。

歯科助手になっても転職で辞めないためには未経験で仕事内容で分からないことがあるのは決して恥ずかしいことではありません。遠慮しないで先輩に聞きましょう。

教えてもらう姿勢は大切です。メモ帳をいつもポケットに入れてメモを取るようにしましょう。同じことは二度聞くと教える側はあまり良く思いません。

先に先輩から指導されることがあると思います。自分が分かっていることや、前にも教えてもらったことにでも、その時は素直に指導を受けましょう。

「前に教わりました。」

「知っています。」

というコトバは絶対に禁句にしてください。

指導する側は早く上達して同じレベルで一緒に仕事をしたいと思っての指導です。

同じことをいわれても損はありません。「それだけ大切なことなんだ。」という気持ちで指導を受けましょう。

歯科助手に向いている人は、人への思いやりができる人です。

それを忘れずに、転職で辞めるのではなく、やりがいのあるすばらしい仕事ですから自信をもって歯科助手の望んでいただきたいです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ