歯科助手になるには。志望動機と履歴書の参考にしてください

初めての歯科助手の面接で志望動機について履歴書に書く必要がありますよね? でも、志望動機が思いつかない! そんな方が意外と多いようで志望動機の例を挙げてみました。

・知人からの話で歯科助手という職業を知り、是非やってみたいと思いました。

・以前から、人の役にたつ仕事として、やりがいのある歯科関係に進みたいと思っておりました。

・歯科助手の勉強をしたことが切っ掛けで歯科医院で働きたいと思っていました。

・以前から、自分が患者に安心できる歯科助手になりたいと思っていました。

この様な文例で履歴書に書く志望動機を考えてみてはどうでしょうか?

スポンサード リンク

ポイントとしては、歯科助手は患者との接客になります。採用する歯科医院がこの人なら任せられると思える内容で志望動機はいいと思います。

あまり、深く考えないで前向きに考えてみてください。

履歴書は残る物なので、本当に自分が思っていること以上のことを書くと、嘘が見破られます。
だれしも欠点はあります。

自分では長所だと思っていることでも、第三者からは好かれないことだってあります。

素直に、歯科助手になろうと思ったことの気持ちを思い出して志望動機を考えてみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ