歯科助手と歯科衛生士の違い

歯科助手と歯科衛生士の違いを一言でいうと、国家資格が必要かそうでないかの違いになります。
歯科助手の仕事をするのに特に必要な資格はありません。

一方、歯科衛生士になるためには歯科衛生士養成専門学校、短期大学の歯科衛生士養成科や大学の歯科部の歯科衛生士養成課程などで教育を受けたのち、厚生労働大臣が行う国家試験に合格し、免許を受けなければなりません。

スポンサード リンク

当然、仕事内容にも違いがあります。歯科助手と歯科衛生士には免許のあるなしの違いがあり、歯科助手は国家資格がないので、患者さんの口腔内に触れることは許されていません。

そのため、歯科助手のやれる仕事内容は治療以外の歯科業務全般になります。

詳しい歯科助手の仕事は歯科クリニックによっても違いはありますが、主に、歯科助手は受付や治療のアシスタント、器具の洗浄や手入れ、患者さんの誘導などにあたります。

国家資格が必要な歯科衛生士は、歯科医師の指導のもとに患者さんの口腔内に直接触れて処置することが出来るので、診療補助、予防処置、保健指導などが行えます。

歯科助手・歯科衛生士のどちらも、歯科医院にとって、なくてはならない存在であることは同じです。

特に資格を必要としない歯科助手も、普段の生活では得ることの出来ない専門の知識や技能を前もって習得しておけば、就職時にも有利ですし、歯科医院にとっても即戦力となりますので優遇されることもあります。

歯科助手にも自分をアピールできる資格があるのをご存知ですか?

民間団体独自の審査基準を設け、任意で歯科助手を認定する資格です。 歯科医院で働くには専門的な知識や技術を必要とする場面も多いのでこういった資格があるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ