長い開院時間に対して勤務時間は?

歯科医院の開院時間は朝9時から夜9時までと長時間になります。一日の仕事には、昼休みが1時間半〜2時間ぐらいある歯科医院もあります。

それぞれの歯科医院により、昼休みの時間の長さは異なりますが、その分が終わる時間に影響してくるのです。

もちろん、昼休みが長くとれない歯科医院もあります。午前の診療が長引くと昼休みも減ってしまいます。

スポンサード リンク

開院時間が長時間になるため、長い昼休み時間を有効に使っている歯科助手さんもいます。一度自宅に帰り、夕食の下ごしらえをして、また戻ってくる歯科助手さん。スキルアップのために勉強する歯科助手さん。昼寝をする歯科助手さん・・・など。

勤務時間は大抵シフト制をとっているため、残業が少ないという歯科医院もあります。

また歯科助手の一日の勤務時間が長くなる場合、1ヶ月に10日くらい休みをとれる歯科医院もありますから勤務時間が長時間になることをメリットととるかデメリットととるかは、あなた次第です。

働いている歯科助手は、うまく時間を調整しながら平等になるようにシフト時間を決めているようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ