歯科助手に国家資格が無い

歯科助手に国家資格はありません。

歯科助手になるためには国家試験がないので受ける以前に資格は必要もないわけです。


歯科助手に国家資格が無い理由は、

国家資格とは、国の法律に基づいて国や国から委託を受けた、機関が実施する国家試験などによって、個人の知識や技能が一定の段階以上に達していることを、国によって認定する資格なのです。

スポンサード リンク

現状、国から委託を受けて資格試験を行っている期間が無いため国家試験が無く、歯科助手の国家資格が存在しないのです。

歯科助手は歯科医師の治療をサポートをするので、よく「歯科衛生士」と混同されるようですがやれる仕事内容は違いがあります。

国家資格が必要とされるのは歯科衛生士であり、そのためには歯科衛生士養成専門学校、短期大学の歯科衛生士養成科や大学の歯科部の歯科衛生士養成課程などで教育を受けたのち、厚生労働大臣が行う国家試験に合格し、国家資格を取得しなければなりません。

ですから、歯科医院で歯科医以外の方を歯科助手というと歯科衛生士の方は良く思わないので言葉には気をつけなければなりません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ