歯科助手の資格試験は民間

歯科助手の資格試験ですが、実は国家資格が必要ないので、国家試験はありません。


しかし職場では、歯科の専門的な知識や技術を必要とする場面も多いので、

民間団体が独自の審査基準を設け任意で認定する、歯科助手の資格(試験)がいくつかあります。

この歯科助手の資格を持っていれば、就職や再就職もスムーズです。

スポンサード リンク

まずは、歯科助手の検定試験についてどんなものがあるのか知っておきましょう。

【歯科助手認定制度】 社団法人日本歯科医師会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

社団法人日本歯科医師会が認定する制度。

日本歯科医師会の承認を得た各都道府県歯科医師会や専門学校で、所定の科目(歯科臨床概論、歯科事情、社会保険の概要や実務、文書・物品の管理等)を受講・修了することで取得できます。

講習の実施時期、受講料、どの資格種別(乙種・甲種)の講習会を開催するかは各都道府県歯科医師会や専門学校で異なるので、受講したい方は事前に最寄りの都道府県歯科医師会へ直接問い合わせる必要があります。

・乙種第一(診療室での仕事の知識や技能の習得…52時間の講習)

・乙種第二(事務的な仕事の知識や技術の習得…40時間の講習)

・乙種第一・第二の両方取得(両方を合わせた内容…72時間の講習)

・甲種(さらに高度な知識や技術の習得…400時間の講習)

【歯科助手検定(試験)】 医療福祉教育振興グループ 日本歯科助手検定協会認定

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

日本歯科助手検定協会の認定する検定。1級〜3級まであります。

●受験資格

特になし。但し飛び級受験はできない。3級より受験。

●試験内容程度

3級…歯科医療の基本的な知識があり、簡単な診療方法を把握している。

2級…歯科医療に対して広い知識があり、診療方法の応用が身についている。

1級…歯科診療に対する認識が深く、診療体制について正確・迅速な対応ができる。

●試験時間

3級…60分

2級…60分

1級…60分

●受験料

3級…4,000円

2級…5,000円

1級…6,000円

【歯科医療事務検定】 医療福祉教育振興グループ 日本医療事務検定協会認定

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

日本医療事務検定協会の認定する検定。1級〜3級まであります。

●受験資格

特になし。但し飛び級受験はできない。3級より受験。

●試験内容程度

3級…医療保険制度等が理解でき、基本的な治療内容を把握し、

明細書(レセプト)正確に記入することができる。

2級…応用的な治療を把握し、明細書(レセプト)に正確な記入ができる。

また治療内容から病名を判断することができる。

1級…請求事務を幅広くこなせる深い知識・技能を有し、

あらゆる治療内容の点数算定について広く理解できる。

●試験時間

3級…120分

2級…120分

1級…120分

●受験料

3級…4,000円

2級…5,000円

1級…6,000円

【医療事務管理士? 技能認定試験】 技能認定振興協会認定

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

技能認定振興協会が認定する検定。

●受験資格

特になし。

●受験科目

歯科医療事務/実技試験・学科試験(両科の受験)

●試験日・時間

試験日/奇数月の第4土曜日(年6回実施)

試験時間/実技試験3時間・学科試験1時間

●試験内容

(1)実技試験/診療報酬証明書の作成…3問

(2)学科試験/筆記(択一式)…10問

●試験会場

日本医療事務センターの指定会場、受験申請のあった専門学校、各種学校等

●受験料

6,000円(税込)

主な歯科助手の試験をあげましたが、民間独自の歯科助手の資格でも持っていれば、就職や再就職もスムーズです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ